炭水化物を控えると本当に痩せる?10キロ痩せるまでにしたことを書いてみた

痩せるダイエットとしてある炭水化物ダイエットは、とにかく太る原因となっている糖質を抑えるダイエットになります。糖質を取るから太るため、糖質を取らないようにすれば、痩せるということになっています。具体的には、炭水化物を多く含む食事を控えていくということになります。ご飯やパン、パスタなどの麺類を控えていくというものになります。普段、ご飯を茶碗一杯食べているとしたら、半分くらいに減らします。その分、おかずをいっぱい食べます。

炭水化物ダイエットをすれば、糖質が抑えられる

炭水化物を抑える食事をしていくと、糖質が抑えられていきます。この糖質を抑えることが、ダイエットに繋がっていくのです。糖分が身体の中で増えてくると、インスリンが多く分泌されます。このインスリンが分泌されると、血中の糖質を脂肪に変えようという動きが出てきます。このため、脂肪が増えてくるのです。逆に糖質を控えていくと、インスリンの分泌が抑えられ、脂肪の生成が少なくなってきます。そして、体内の糖質は、動くときのエネルギー源なのですが、この糖質が足らなくなってくると、身体は、エネルギー源を作ろうとして、脂肪を分解しケトン体を増やそうとしてきます。この動きにより、糖質を抑えると、脂肪が分解され減ってくるとう動きになるのです。ですから、ダイエットに繋がるのです。

炭水化物ダイエットが成功する決め手は、おかずを沢山食べる

炭水化物ダイエットを続けることができれば、ダイエットは成功します。しかし、大好きな炭水化物を控える必要があるので、なかなか続けるのが難しくなってしまいます。この炭水化物を控えるダイエットを続けていくには、炭水化物以外のものを沢山食べるということをしていくと成功に繋がります。
炭水化物以外の栄養分であれば、いくらでも取っていいのです。ですから、油分なども気にせずに取ることができます。
そのため、ご飯を減らして、おかずを増やすとういことをすれば、自然と炭水化物ダイエットは続いていくのです。一般的にダイエットの敵と言われているような揚げ物なども、どんどんと取っていくことで、食事が物足らないという感じがなくなってくるのです。

無理なく炭水化物を控えることで成功に

炭水化物ダイエットを成功させるには、とにかく継続することが必要になってきます。いかにして、継続するかということが成功に繋がります。炭水化物ダイエットを成功させるには、先ほど書いたように、おかずを沢山食べるということが大事になってきます。
他には、無理せずに炭水化物を控えるということになります。私の場合には、お昼は、好きなだけ、食べました。パスタやうどんなどを好きなだけ食べているのです。
その代わりに、夜のご飯を3分の1まで減らすことをしました。そして、おかずは、沢山食べるということをしました。これだけの端子化物を控えることでも、10キロのダイエットに成功しました。そして、あまりに、極端に炭水化物を控えるのは、栄養上良くないとも言われているので、やりすぎないことが大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です